バルティック・インベスターズ・フォーラム2019

6月6日、山崎大使はグランド・リゾート・ビリニュスで開催されたバルティック・インベスターズ・フォーラム2019(Baltic Investors Forum 2019)に於いてスピーチを行いました。このフォーラムの「人間生命の技術と変革:100歳以上生きることの現実性(Technology and Changes of Human Life: The Reality of Living Over 100 Years)」と題するセッションでは、山崎大使を含む4名の各界有識者が発表を行った後、パネル・ディスカッションが行われました。山崎大使は「Designing 100-Year Life Society in Japan」と題して、日本はまもなく多くの人が100年以上生きる時代が到来しようとしていることを紹介しました。そして、この大きな社会変化に伴い、教育や仕事、健康サービスなどの仕組みが大きく変わり、それらの分野は「Silver Market」として大きく発展するだろうと強調しました。その後、パネラーの間で65歳以上の人口の増加、これに伴うコミュニティメンバーの意識変革の必要性、高齢化社会におけるビジネスチャンス等の事柄が熱心に議論されました。



神経科学者 ネニシュキーテ氏(Dr. Urte Neniskyte)によるセッションの紹介

山崎大使によるスピーチ

山崎大使によるスピーチ

パネル・ディスカッション