リトアニアでの検疫強化策(各種規制)について(4月21日現在)

2021/4/21
リトアニアでは、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、4月30日までとされていた検疫強化期間を5月31日まで延長することを決定しました。

各種規制は以下のとおりです。
  
1.人との交流について
屋内での人との交流は同居家族内に留め、それ以外の人とは近しく交流を行わないようにしてください。ただし、緊急支援が必要な場合や看病は認められます。

屋外では、5人以下、もしくは、2同居家族以下での交流が認められています。

公私の場における屋内での個人パーティーは、同居家族のみ参加可、屋外の場合は2家族以下での参加となっております。

自家用車による移動時の車内の人数は、一部の例外を除き、2人以下または1同居家族に制限されています。

4月22日以降は、陽性確定日から180日以内の感染歴のある人、EUが承認するワクチン接種を受けた人については、10人以下での近しい交流や、屋内外での個人パーティーに10人以下で参加すること、屋外で行われる観光・見学ツアーに10人以下で参加すること、医療機関や介護施設、グループホーム等への訪問、見舞いが許可されます。
 
2.店舗の営業について
市場を除き、全ての店舗の営業が許可されていますが、ショッピングセンター内の店舗などで、外から直接入店することのできるエントランスを持たない店舗については、平日のみの営業とされています。5月3日以降は、市場でも全店舗の営業が許可されます。

美容院等の1対1の接触型サービスも可能です。

屋外でのスポーツ、レジャー、娯楽サービスは、参加者10人以下、または、2同居家族以下で可能となっています。

4月22日から、飲食店も条件付で営業が再開されます。営業時間は7時から21時、座席は屋外席に限定され、同席して良いのは2人以下、または1同居家族と制限されます。

4月26日以降は、スポーツクラブの営業も許可されます。

いずれの場合も、人数制限や安全なソーシャルディスタンスの確保など、感染予防策を遵守することが条件となっています。 

3.文化施設・イベントについて
劇場や映画館、イベントが再開されました。来場者数は150人以下とし、屋内施設・イベントについては、入場できるのは150人以下且つ座席数の30%以下と制限されています。入場者は事前登録制とされ、会場での飲食は禁じられています。
車から降車することなく参加できるイベントも許可されていますが、同乗者は2人以下、もしくは、同居家族のみとされています。

図書館での対面式サービスも再開されています。

ハイキングコース、公園、屋内外の博物館、美術館、動物園や植物園などその他の展示施設も営業が再開されています。

いずれも人数制限や安全なソーシャルディスタンスの確保など、感染予防策を遵守することが条件となっています。
 
4.教育
条件付で、一部の小学校などで、対面式授業が再開されています。5月3日以降は、卒業試験を控える高校生の対面式授業も再開される見込みです。 

5.その他
屋外で周囲2m以内に家族以外の人がいない場合、マスクの着用は義務ではなくなりました。ただし、屋内では着用が義務づけられております。
 
なお、詳細についは、リトアニア政府公式ホームページをご参照ください。
https://koronastop.lrv.lt/en/covid-19-related-restrictions-1(英語)
https://koronastop.lrv.lt/lt/covid-19-pandemijos-valdymo-priemones(リトアニア語)